Skip to content

目を大きくマッサージの方法

大きくパッチリとした目かどうかで、人の印象には大きな差が生まれます。

持って生まれた目の大きさの違いはもちろんありますが、それ以外にもむくみなど生活習慣によって目の大きさには大きな違いが生まれます。目大きくマッサージを行うことにより、本来の目の大きさを取り戻すことができたり、本来の目よりも大きな目を手に入れることができるようになります。目大きくマッサージ方法の一つとして目の周りに溜まった毒素を出すマッサージもかなり効果的な方法となっています。

まずは人差し指の第二関節を曲げて、親指はまっすぐ伸ばした状態にしておき、親指の先をこめかみに当てます。そのまま、曲げた人差し指の第二関節を使い、眉頭から眉尻に向かって上まぶたを優しくマッサージしていきます。下まぶたも同様に行いましょう。これを上下各五回ずつ行うようにしましょう。

そしてその後は同じ指の形のままで、今度は眉に沿って同様にマッサージしていき、これもそれぞれ各五回ずつ行うようにしましょう。マッサージをした後には、手のひらで目の周りを優しく覆うようにし眼球を軽く押さえます。この時も強く押さえすぎることなく、気持ちが良い程度で押さえることがポイントとかってきます。目大きくマッサージは、強く行いすぎるとシミになってしまったりと、良い効果よりも悪影響を及ぼすことが多くなってしまうので、強くこすり過ぎたり押さえ過ぎないように気をつけることも大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *