Skip to content

目を大きく見せるには目を大きくマッサージします

目を大きくする方法はアイメイクを工夫したり、メスを使わずにできるプチ整形などもありますが、目を大きくマッサージで目を大きくすることも期待できます。

目を大きくマッサージする準備は、マッサージを始める前に血流を良くしてマッサージを効果的に行なうためにぬるま湯で手を温めます。手のひらにマッサージクリームやオイルを馴染ませます。量は少々多めにすることがポイントです。目を大きくマッサージする場合は、手が自然に温まっていたり、目の血行も良くなっているためバスタイムに行なうと効率的です。

目の周りに溜まった毒素を出して目を大きくマッサージする方法は、人差し指の第二関節を曲げて、親指を真直ぐに伸ばしこめかみに当てた状態で曲げた第二関節で眉の頭から眉尻に向かって上まぶたをマッサージします。下まぶたも同様に5回ずつ行ないます。指の形はそのままで眉に沿って5回マッサージします。マッサージ後は手のひらで目の周りを優しく覆い眼球を軽くおさえます。

二重ラインをしっかり定着させて目を大きくするマッサージは前頭筋マッサージです。手で握り拳を作り髪の毛の生え際をおさえて、小さな円を描くようにぐるぐるとマッサージを行ないます。目の周りは皮膚が特にデリケートなのでマッサージが気持ち良くてもやり過ぎたり、強く力を入れて擦ることは目を大きく見せることはできても、シワやたるみにもつながるため、優しくマッサージすることも大切なことです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *