Skip to content

目大きくするマッサージのやり方と注意点

現代はパソコンや携帯電話などの普及で目の負担が増えているといわれています。

目の負担が増えると血行が悪くなったり、目の周囲の筋肉が固くなってしまうことがあります。それをそのまま放置していると老廃物が蓄積されていったり、むくみを感じやすくなることもあり、見た目に変化が出てしまいます。そのため目が小さくなったと感じた時は、目大きくするマッサージを行って、目の周囲の血行を改善することが大切です。

目大きくするマッサージのやり方は、まず目の周囲を右回り・左回りで3~5周ずつ円を描くようにマッサージしていきます。指をすべらせるように行うのが効果的で、すべりが悪い時はクリーム等を使います。そして最後に目頭と目尻を数回指圧して老廃物の排出と血行改善をはかります。目大きくするマッサージを行う際の注意点は、あまり強く力を入れないことと目の粘膜に触れないようにすることです。

特にクリーム等を使用する時は、目の中に入らないように注意します。またマッサージを行う指が冷たいと血行改善が見込めないので、最初に手や指をこすり合わせて温めてから行います。入浴後は全身の血行が良くなっている時なので、この時に目大きくするマッサージを行うとより効果が出やすくなるのでおすすめです。一日に何度も行っても効果が出るマッサージではないため、毎日継続して行うことで効果が出やすくなります。こすりすぎや指圧のしすぎには注意してやさしくマッサージを行うことが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *